日本各地の女性が稼働中

在宅でお仕事も可能です。 北海道から沖縄まで、全国様々な都道府県にお住いの女性がloireに登録しています。在宅の場合でも希望をお伝え頂ければ、振込にて日払いで報酬をお受取り頂けます。

リスクの少ないお仕事です

実際のところ、チャットレディには家にいながら、働いたり、通勤してチャットルームで働くことも可能なワークスタイルが自由な職業です。誰でも高収入を得る夢のあるお仕事であり、人と会うことが少ないので、人に会うキャバクラやラウンジなどの接客業よりもストーカー被害に遭うなどのリスクは少ないと言えます。そのため、若い世代はもちろん、妊婦さんや専業種の方など幅広い世代の女性が活躍しています。 チャットレディとして働くにあたり、容姿・年齢などは一切関係ありません。実際、当店にご応募いただく9割以上の方が、業務未経験の女性です。 パソコンに慣れておらずタイピングが苦手でも、マイクを使った音声で仕事できるので、パソコンに関する知識は不要です。

ただし、メリットばかりではありません。デメリットとしては身バレするのではというリスクもあります。そこで今回は、チャットレディのメリットとデメリットを在宅と通勤に分けて考察します。

通勤チャットレディ

メリット

通勤チャットレディはチャットルームを所持しているチャットレディ代理店に登録をして仕事をします。

メリットとしては稼ぎやすい環境が整っていることです。パソコン、インターネット環境、キレイに映るカメラや、照明などのOA機器周辺はもちろん全て完備されているので、自分で用意することは不要です。

基本的に、通勤チャットレディがお仕事で使用するお部屋の設備は優れており、画面の写り方は特に綺麗になります。これにより、接続率も高くなる傾向にあります。その結果、稼げる可能性も高くなるのです。
もちろん、お客さんの中にはチャットルームよりも自宅の方がリアル感があっていいという人もいます。

また衣装についてもコスプレがあったり、演出品として、仕事で使用する道具の貸し出しがあったりと、通勤や通学やお出かけの帰りのそのまま出勤するだけでなんの用意も必要なく、スタートできる環境がはあります。
また、それぞれの代理店が独自で行っているインセンティブやボーナス特典、そしてキャンペーンなどのメリットもあります。

また、スタッフのサポートも受けることができます。これは特にチャットレディ初心者であったり、今から始ようと思っている方にはとてもありがたいメリットです。
例えば、プロフィールの設定や画像編集などをやってくれたり、面倒ないくつかのライブチャットサイトに登録してくれたりと手厚いサポートがあります。

複数のサイトで得た報酬はまとめて振り込んでもらえたり、代理店によっては税金対策や確定申告のアドバイスがもらえます。必要であれば社会保険の加入ができる代理店もあるようなので、最初に確認してみてください。

また当然ながら代理店は「どうやったら稼げるのか」というノウハウやマニュアルを保持しています。
スタッフは今までたくさんのチャットレディをマネジメントしてきているため、それぞれのサイトの特徴やユーザーによって好まれる女性の雰囲気などを把握しています。
そのためにノウハウやマニュアルを共有することで、効率的に稼ぐことができます。

最近では、チャットレディ経験者の女性をスタッフとして雇用している代理店も増えてきていますので、一人で自宅始めるよりも効率よく稼ぐことができる上に、なんでも相談できて安心です。

また、結婚している、家族と同居している、寮や社宅に住んでいるなど自宅でなかなか「チャットレディ」という仕事ができない人も、通勤チャットレディであれば問題なく働けるでしょう。
さらに大半の代理店は24時間365日休みなくチャットルームを稼働させているため、いつでも働くことが可能です。

また、シャワー完備でフリードリンクなどの充実したチャットルームもありますので、本業の帰りや終電が終わってしまった!という人も快適に働くことができます。

デメリット

通勤チャットレディのデメリットについて考えていきます。まずもって、通える範囲にチャットルームがないとそもそも通えないという問題が一番大きいでしょう。
住んでいるところや通勤や通学エリアに代理店がなければそもそも働けません。遠方だと、なかなか通いづらくなり、行く頻度が下がっていってしまいます。

また、仮に通える範囲にあったとしても、チャットルームが満室だったりすると入ることができません。チャットルームの予約が満室なことが多いお店はシフトを出す必要があったりと好きな時間にいつでもということが難しくなってきます。

また、在宅に比べて通勤のチャットレディは報酬が低いことがあります。
先ほども述べたとおり、代理店はマネジメントの手数料を通勤チャットレディの報酬から引いています。

在宅チャットレディの平均報酬率はお客さんが支払う金額の40%前後ですが、通勤における平均報酬額は30%前後となっています。

もちろんその分メリットは先述した通りなので、この10%の報酬率のマネジメント料が高いのかどうかはそれぞれ吟味して考えていただければと思います。

在宅チャットレディ

メリット

在宅チャットレディの最大のメリットは自宅で自分の都合のいい好きな時間やちょっとした空いた時間に仕事ができることが大きな理由です。通勤の手間も時間も必要ありません。

しかし通勤チャットレディの場合、自由にシフトを出したり、急に今から仕事がしたい!と思ったとしても、チャットルームが空いていない限りは仕事をすることができません。

それに比べて、在宅チャットレディは自分の部屋で都合のいい時間帯にやりたいだけお仕事ができます。

また、働く場所は主に自宅なので、直接人と会うことがありません。
運営サイドにおいても、サイトを通したメッセージとお金のやりとりです。通勤の場合は事務所スタッフや他のチャットレディさんに気遣いをすることも必要になるかもしれません。
在宅チャットレディであれば人間関係が面倒という人にはうってつけです。

しかし、逆にいろんなことをスタッフ相談したい、同じ悩みを同業の人と話したいというコミニュケーションを取りたいといった思いに対してはデメリットになります。しかし、人付き合いが苦手だという方には大きな魅力となるでしょう。

また、在宅チャットレディのメリットとしては、通勤チャットレディに比べて約10%以上は報酬率が高く設定されていることが多いです。
これは、チャットレディ代理店におけるマネジメント料やチャットルームの維持費やスタッフの給与などがかかるためにマージンとしてかかることが要因です。同じ内容の仕事をしているなら報酬が高い方にこしたことはありません。
ましてや、金額が大きくなり、長期的にみたら数万円、さらに数十万の差がでてくるので、非常に大きい要素と言えるでしょう。

デメリット

在宅チャットレディのデメリットですが、誰かと同居している場合や、使っているパソコンを共有している場合はチャットしている瞬間に入ってきて見られる、話している声でバレてしまったり、インターネットの閲覧履歴などからバレてしまうリスクが考えられます。

またパソコンやインターネット環境がないとそもそもお仕事ができません。
最近では、自宅にパソコンとインターネット環境が整っている方は多いですが、WEBカメラやマイクを持っている方はそう多くないでしょう。追加でWEBカメラやマイクが必要な場合は、1万円程度のお金がかかります。

そして、インターネット環境が悪かったり、パソコンの調子が悪いと仕事ができません。
Wi-Fiの接続が悪かったりするとそれだけで支障をきたします。通勤チャットルームの場合は不具合があった場合、スタッフが対応してくれますが、在宅チャットレディの場合は自己責任となり、お客さんとトラブルになった時にも同じことが言えます。

このように在宅の場合はサイトや代理店の多少のサポートがあるとはいえ、自己責任において進めていかないといけないケースが多いです。他にも部屋の片付けや身バレしそうなものの整理や、最初のノウハウを学ぶまでの時間がとても大変です。